イベントモニターを作成するには(表出力)

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#運用監視編】 【DB2逆引きリファレンス目次#イベントモニターの利用

目次

前提

  • データベース接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: DBADM権限, SYSADM権限

解説

イベント情報を表に収集するためのイベントモニターを作成するには、CREATE EVENT MONITORを用います。

CREATE EVENT MONITOR イベントモニター名 FOR イベント種別

  WRITE TO TABLE

  [論理データグループ指定] [AUTOSTART]

イベントモニター名
作成するイベントモニターの名前を指定します。
イベント種別
取得するイベントの種別を指定します。指定できるイベントの種別は、イベント情報をファイルに出力する場合と同じです。
論理データグループ指定

イベント情報は複数の論理データグループに分割され、その単位でテーブルに出力されます。 論理データグループは以下の形式で指定します。複数の論理データグループを同時に指定する場合は、カンマで区切って並べます。
論理データグループ名 [(TABLE 表名 [, IN 表スペース名 ] )] [, 論理データグループ名 [(TABLE 表名 [, IN 表スペース名 ] )] ...]

イベント種別毎に指定できる論理データグループは表5-2-2のとおりです。

イベント種別指定できる論理データグループ名
DATABASEDB, CONTROL
TABLESTABLE, CONTROL
DEADLOCKSCONNHEADER, DEADLOCK, DLCONN, CONTROL
DEADLOCKS WITH DETAILSCONNHEADER, DEADLOCK, DLCONN, DLLOCK, CONTROL
TABLESPACESTABLESPACE, CONTROL
BUFFERPOOLSBUFFERPOOL, CONTROL
CONNECTIONSCONNHEADER, CONN, CONTROL
STATEMENTSCONNHEADER, STMT, SUBSECTION, CONTROL
TRANSACTIONSCONNHEADER, XACT, CONTROL

表5-2-2 イベント種別毎に指定できる論理データグループ名一覧

TABLEオプションで出力する表の名前を指定しない場合は、"グループ名_イベントモニター名"という名前の表が出力先として用いられます。

AUTOSTART
データベース活動化時に、イベントモニターが自動的に開始するよう指定します。指定しない場合は手動で開始させる必要があります。

使用例

接続イベントの情報(ここでは論理データグループCONNHEADERおよびCONN)を表(ここではデフォルトのものを利用)に出力するイベントモニターevmon1を作成する例。

db2 ==> CREATE EVENT MONITOR evmon1 FOR CONNECTIONS WRITE TO TABLE CONNHEADER, CONN↓

注意

  • モニタヒープのサイズに注意してください。
  • イベントモニターはAUTOSTARTオプションを指定しない限り自動的には開始されません。手動で開始させる必要があります。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール