インスタンスにTCP/IPで接続できるように設定するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#導入編】 【DB2逆引きリファレンス目次#インスタンス

目次

前提

  • 以下のいずれかが必要: sysadm権限

解説

インスタンスにTCP/IPで接続できるにするには、プロファイルレジストリ変数DB2COMMおよびデータベースマネージャー構成パラメータSVCENAMEを設定します。

DB2COMM
値として'TCPIP'をセットします。

SVCENAME
通信に用いるサービス名もしくはポート番号を設定します。ポート番号は未使用のものならどの番号でも構いません。サービス名を用いる場合は、servicesファイルにサービス定義を追加しておきます。

手順

  1. servicesファイルにサービス定義を追加します。servicesファイルは、UNIX環境下であれば/etcディレクトリ、Windows環境であれば%SystemRoot%\SYSTEM32\DRIVERS\ETCディレクトリの下にあります。 以下は、50000番のポートを用いるサービスdb2tcpの定義例です(servicesファイルの末尾に追加します)。
    db2tcp 50000/tcp
    


  2. プロファイルレジストリ変数DB2COMMを設定します。以下はLinux環境下で設定した例です。
    $ db2set DB2COMM=TCPIP↓
    


  3. データベースマネージャー構成パラメータSVCENAMEを設定します。以下はサービス名(ここでは先ほど定義したdb2tcp)を指定した例です。
    $ db2 update dbm cfg using SVCENAME db2tcp↓
    


注意

  • データベースマネージャーの再起動が必要です。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール