エラーが発生していないか確認するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#運用監視編】 【DB2逆引きリファレンス目次#トレース情報

目次

前提

  • ログファイルを見るための権限をもったアカウントでログインしている必要があります

解説

通知やエラー発生などの情報は、診断ログファイル(db2diag.log)に出力されます。 診断ログファイルの出力先はデータベースマネージャー構成パラメータDIAGPATHによって指定可能です。 指定していない場合は以下の場所に出力されています。

Windows環境
インスタンスプロファイルのディレクトリ直下
UNIX環境
インスタンスホームディレクトリ/sqllib/db2dump

使用例

db2diag.logのサンプルです。

2004-01-06-06.31.27.034000   Instance:DB2   Node:000
PID:2876(db2syscs.exe)   TID:1580   Appid:none
base sys utilities  DB2StartMain Probe:911 

ADM7513W  Database manager has started.

    ・
    ・
    ・

2004-01-06-13.57.01.986000   Instance:DB2   Node:000
PID:200(db2bp.exe)   TID:3028   Appid:none
base sys utilities  sqlecrea Probe:20 

DIA0001E An internal error occurred. Report the following error code : 
"ZRC=0x00000000".

2004-01-06-13.58.46.166000   Instance:DB2   Node:000
PID:200(db2bp.exe)   TID:3028   Appid:none
base sys utilities  sqlecrea Probe:20 

DIA0001E An internal error occurred. Report the following error code : 
"ZRC=0x00000000".

    ・
    ・
    ・

2004-01-06-14.30.20.200000   Instance:DB2   Node:000
PID:2876(db2syscs.exe)   TID:2936   Appid:none
routine_infrastructure  sqlerKillAllFmps Probe:5 

Bringing down all db2fmp processes as part of db2stop
0x0107FB5C : 0x00000000                                 ....

2004-01-06-14.30.20.861000   Instance:DB2   Node:000
PID:2876(db2syscs.exe)   TID:2976   Appid:none
base sys utilities  DB2StopMain Probe:911 

ADM7514W  Database manager has stopped.

注意

  • 必要に応じて出力先は変更してください。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール