カタログしたデータベースの一覧を確認するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#導入編】 【DB2逆引きリファレンス目次#クライアント

目次

前提

  • 特に無し

解説

データベースディレクトリにカタログ済みのデータベースの一覧を確認するには、CLPのLIST DB DIRECTORYコマンドを用います。

LIST DB DIRECTORY

使用例

データベースディレクトリの一覧を確認する例。

db2 => LIST DB DIRECTORY↓

  システム・データベース・ディレクトリー

 ディレクトリー中の項目数 = 2

 データベース 1 項目 :

 データベース別名                                         = SAMPLE
 データベース名                                           = SAMPLE
 データベース・ドライブ                                   = C:\DB2
 データベース・リリース・レベル                           = a.00
 コメント                                                 =
 ディレクトリー項目タイプ                                 = 間接
 カタログ・データベース・パーティション番号               = 0

 データベース 2 項目 :

 データベース別名                                         = APPLDB
 データベース名                                           = APPLDB
 ノード名                                                 = FOO
 データベース・リリース・レベル                           = a.00
 コメント                                                 =
 ディレクトリー項目タイプ                                 = リモート
 カタログ・データベース・パーティション番号               = -1

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール