ストアドプロシージャを削除するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#アプリケーション開発編】 【DB2逆引きリファレンス目次#ストアドプロシージャ

目次

前提

  • データベース接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, DBADM権限, スキーマに対するDROPIN権限
  • あるいはストアドプロシージャの定義者で接続している必要があります。

解説

ストアドプロシージャを削除するには、DROP PROCEDUREを用います。

DROP PROCEDURE [SPECIFIC] ストアドプロシージャ名もしくは固有名 [ 型指定 ]

SPECIFIC
削除するストアドプロシージャを固有名で指定する場合に指定します。
ストアドプロシージャ名もしくは固有名
削除するストアドプロシージャの名前もしくは固有名を指定します。固有名で指定する場合は、SPECIFICオプションも指定する必要があります。
型指定

削除するストアドプロシージャのシグネチャーを以下の形式で指定します。
( 型名 [, 型名 ,...] )


使用例

ストアドプロシージャ(ここではproc1)を削除する例。

db2 ==> DROP PROCEDURE proc1↓

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール