スナップショットを取得するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#運用監視編】 【DB2逆引きリファレンス目次#スナップショットの利用

目次

前提

  • インスタンス接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, SYSCTRL権限, SYSMAINT権限

解説

インスタンスやデータベースの現在のスナップショット(活動状況)を確認するためには、CLPのGET SNAPSHOTコマンドを用います。

GET SNAPSHOT FOR スナップショット対象  

スナップショット対象
スナップショットをとりたい対象を以下のいずれかから指定します。
DATABASE MANAGER
現在接続しているインスタンスについてのスナップショットを取得します。
ALL DATABASES
現在接続しているインスタンス上のアクティブなデータベースについてのスナップショットを取得します。
ALL APPLICATIONS
現在接続しているインスタンス上のアクティブなデータベースに接続しているすべてのアプリケーションについてのスナップショットを取得します。
APPLICATIONS ON データベース別名
指定したデータベースに接続しているすべてのアプリケーションについてのスナップショットを取得します。
APPLICATION APPLID アプリケーションID
指定したアプリケーションIDをもつアプリケーションについてのスナップショットを取得します。アプリケーションIDはCLPのLIST APPLICATIONSコマンドで確認できます。
APPLICATION AGENTID アプリケーションハンドル
指定したアプリケーションハンドルをもつアプリケーションについてのスナップショットを取得します。アプリケーションハンドルはCLPのLIST APPLICATIONSコマンドで確認できます。
ALL BUFFERPOOLS
現在接続しているインスタンス上のアクティブなデータベース内のバッファプールについてのスナップショットを取得します。
BUFFERPOOLS ON データベース別名
指定したデータベース内のバッファプールについてのスナップショットを取得します。
TABLES ON データベース別名
指定したデータベース内のテーブルについてのスナップショットを取得します。
TABLESPACES ON データベース別名
指定したデータベース内の表スペースについてのスナップショットを取得します。
LOCKS ON データベース別名
指定したデータベース内のロックについてのスナップショットを取得します。
ALL ON データベース別名
指定したデータベースのバッファプール、テーブル、表スペースおよびロックについてのスナップショットを取得します。

使用例

現在接続しているインスタンスについてのスナップショットを取得する例。

db2 ==> GET SNAPSHOT FOR DATABASE MANAGER↓

データベース(ここではsample)のバッファプール、テーブル、表スペースおよびロックについてのスナップショットを取得する例。

db2 ==> GET SNAPSHOT FOR ALL ON sample↓

データベース(ここではsample)に接続しているすべてのアプリケーションについてのスナップショットを取得する例。

db2 ==> GET SNAPSHOT FOR APPLICATIONS ON sample↓

注意

  • スナップショットを取得するためにはインスタンスへの明示的な接続が必要です。
  • スナップショットに含まれる特定の情報についてはモニタースイッチをONにする必要があります。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール