ツールカタログ表を作成するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#運用監視編】 【DB2逆引きリファレンス目次#タスクセンターの利用

目次

前提

  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, SYSCTRL権限

解説

タスクセンターを用いてタスクのスケジュール管理および実行を行うためには、タスクの管理情報を記録するためのツールカタログ表を作成しておく必要があります。 ツールカタログ表を作成するには、CLPのCREATE TOOLS CATALOGコマンドを用います。

CREATE TOOLS CATALOG スキーマ名 データベース指定

スキーマ名
ツールカタログ表を格納するスキーマの名前を指定します。
データベース指定
ツールカタログ表を格納するデータベースを、以下のいずれかの形式で指定します。
CREATE NEW DATABASE データベース名
ツールカタログ表を格納するためのデータベースを、指定した名前で新たに作成します。
USE EXISTING [TABLESPACE 表スペース名 IN] DATABASE データベース名
ツールカタログ表を格納するための既存のデータベースの名前を指定します。ツールカタログ表を格納するための表スペース名も指定することができます。

使用例

新たなデータベース(ここではtoolsdb)を作成し、スキーマ(ここではtoolscat)にツールカタログ表を作成する例。

db2 ==> CREATE TOOLS CATALOG toolscat CREATE NEW DATABASE toolsdb↓

  • 新たな表スペースにツールカタログ表を作成する場合は、データベースマネージャーが再起動可能な状態である必要があります。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール