ツールカタログ表を削除するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#運用監視編】 【DB2逆引きリファレンス目次#タスクセンターの利用

目次

前提

  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, SYSCTRL権限

解説

データベースからツールカタログ表を削除するには、CLPのDROP TOOLS CATALOGコマンドを用います。

DROP TOOLS CATALOG スキーマ名 IN DATABASE データベース名

スキーマ名
ツールカタログ表が格納されているスキーマの名前を指定します。
データベース名
ツールカタログ表が格納されているデータベースの名前を指定します。

使用例

データベース(ここではtoolsdb)のスキーマ(ここではtoolscat)に格納されたツールカタログ表を削除する例。

db2 ==> DROP TOOLS CATALOG toolscat IN DATABASE toolsdb↓

注意

  • ツールカタログ表のために新規作成したデータベースおよび表スペースは、自動的には削除されないので注意してください。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール