データをロードするには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#保守作業編】 【DB2逆引きリファレンス目次#データの移動

目次

前提

  • データベース接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, DBADM権限
  • 表に対するロード権限に加えて、ロード作業で発生する個別の行挿入、行更新を行う権限

解説

データをロードするには、CLPのLOADコマンドを用います。

LOAD [CLIENT] FROM ロード元ファイル名 OF データ形式指定

  [MODIFIED BY ロードオプション指定 ]   [MESSAGES メッセージ出力先ファイル ]   [ ロード方法指定 ]   [STATISTICS YES] [ 回復オプション指定 ]

  [INDEXING MODE 索引再構築方法指定 ] [ALLOW READ ACCESS]

CLIENT
リモートクライアントからデータをロードする場合に、ロードするデータがクライアント上にあることを指定します。
ロード元ファイル名
ロードするデータを格納しているファイルのパスを指定します。
データ形式指定
ファイルのデータ形式を以下のいずれかで指定します。
DEL
カンマ区切りのASCII形式。いわゆるCSV(Comma Separated Values)形式。
IXF
表の型情報なども含むバイナリー形式。

MODIFIED BY ロードオプション指定
ロード処理のオプションを以下のいずれかの形式で指定します。複数のオプションを指定する場合は、空白で区切って並べます。
fastparse
DEL形式のファイルの構文チェックを簡略化してロードの実行を高速化します。
forcein
データベースと異なるコードページのデータを含むIXF形式を強制的にロードします。
chardel
列を括る文字として単引用符が用いられているDEL形式のデータをロードする際に指定します。
chardel""
列を括る文字として二重引用符が用いられているDEL形式のデータをロードする際に指定します。
codepage= コードページ指定
DEL形式でデータをロードする際に、ファイルで用いられてるコードページを指定します。

MESSAGES メッセージ出力先ファイル
LOADコマンドの出力メッセージを記録するファイルのパスを指定します。指定しない場合は標準出力にメッセージが出力されます。
ロード方法指定
データのロード方法を以下の形式のいずれかで指定します。
INSERT INTO 表名
データを指定した表に追加します。表中に予め存在していたデータは更新されません。
REPLACE INTO 表名
表の既存データをすべて削除した後にデータを表に追加します。

STATISTICS YES
表および索引の統計情報を収集します。ロード方法がREPLACEの時のみ指定できます。
回復オプション指定
ロールフォワードリカバリーにおけるロード処理の取り扱いを、以下の形式のいずれかで指定します。
NONRECOVERABLE
実行したロード処理をリカバリー不能(REDOできない)トランザクションとしてログに記録します。 過去のある時点のバックアップからロールフォワードでリカバリーを実行する場合、このロード処理を行う直前の時刻までのリカバリーが可能です。
COPY YES [TO コピー先指定 ]
ロールフォワードリカバリーにてロード処理をREDOできるように、ロードに用いたデータをコピーして保存します。 コピー先のディレクトリのパスを指定することができます。複数指定する場合は、カンマで区切って並べます。

INDEXING MODE 索引再構築方法指定
索引の再構築方法を以下の形式のいずれかで指定します。
REBUILD
すべての索引を再作成します。
INCREMENTAL
ロードするデータに基づいて既存の索引を更新します。
AUTOSELECT
REBUILDもしくはINCREMENTALのいずれを利用するのかを自動的に決定します。

ALLOW READ ACCESS
ロード処理実行中の表に対する読み取りを許可します。ロード方法がREPLACEの場合は指定できません。

使用例

DEL形式のファイル(ここではemployee.del)を表(ここではemployee)に追加する例。

db2 ==> LOAD FROM employee.del OF DEL INSERT INTO employee↓

クライアント上にあるIXF形式のファイル(ここではemployee.ixf)を表(ここではemployee)に追加する例。

db2 ==> LOAD CLIENT FROM employee.ixf OF IXF INSERT INTO employee↓

注意

  • アーカイブロギングモードでロードを実行した場合、ロード完了後にデータベースがバックアップ保留状態になります。 回復オプションを指定するかバックアップを実行してください。
  • ロード先の表に制約がある場合は、ロード完了後はチェックペンディング状態になります。 制約を有効にしてください。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール