データベースにおける文字列の照合順序タイプを指定するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#実装編】 【DB2逆引きリファレンス目次#データベース

目次

前提

  • インスタンス接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, SYSCTRL権限

解説

文字列の比較の際に用いる照合順序タイプを指定するには、CREATE DBのオプションを用います。

CREATE DB データベース名 [COLLATE USING 照合順序タイプ ]

COLLATE USING 照合順序タイプ
文字列の比較方法を以下のいずれかで指定します。
COMPATIBILITY
DB2バージョン2で用いられていた照合順序で比較します。
IDENTITY
文字列を単なるバイトの並びとみなし、バイト値の大小に基づいて比較します。日本語のデータベースを作成する場合はこれを指定してください。
NLSCHAR
タイ語コードページ(CP874)での使用可能です。タイ語固有の照合規則に基づいて比較します。
SYSTEM
文字列を辞書順序で比較します。これがデフォルトになりますが、シングルバイト圏での辞書順序のため、日本語のデータベース作成には向きません。
このオプションは、USING CODESETオプションの直後に指定します。

使用例

文字列を単なるバイトの並びとして比較するように指定する例。

$ db2 CREATE DB sample COLLATE USING IDENTITY↓

注意

  • 日本語の環境では照合順としてIDENTITYを指定してください。
  • 照合順序タイプの指定はデータベースの作成時にしか指定できません。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール