データベースに接続するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#導入編】 【DB2逆引きリファレンス目次#クライアント

目次

前提

  • 使用するユーザーIDでの接続が許可されている必要があります
  • データベースが正しくカタログされている必要があります

解説

データベースに接続するには、CONNECTを用います。

CONNECT TO データベース別名 [USER ユーザー名 USING パスワード ]

データベース別名
接続するデータベースの別名を指定します。別名をつけてカタログしている場合以外はデータベース名を指定します。
USER ユーザー名 USING パスワード
データベースに接続するためのユーザー名およびパスワードを指定します。指定しない場合、OSへのログインに用いたユーザー名を用いて接続が行われます。

使用例

データベース(ここではsample)に、ユーザー名(ここではdbapp)とパスワード(ここではpassw0rd)を指定して接続する例。

db2 ==> CONNECT TO sample USER dbapp USING passw0rd↓

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール