データベースの構成パラメータを取得するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#チューニング編】 【DB2逆引きリファレンス目次#構成パラメータ

目次

前提

  • インスタンス接続が必要
  • SHOW DETAILオプションを指定する場合はデータベースへの接続が必要

解説

データベースの構成パラメータを取得するには、CLPのGET DB CFGコマンドを用います。

GET DB CFG [FOR データベース別名 ] [SHOW DETAIL]

FOR データベース別名
構成パラメータを取得するデータベースの別名を指定します。別名をつけてカタログしている場合以外はデータベース名を指定します。なお、既に接続しているデータベースの構成パラメータを取得する場合は指定しなくとも構いません。
SHOW DETAIL
構成パラメータの現行値に加え、次回データベースを活動化した際に反映される変更についても表示します。

使用例

データベース(ここではsample)を指定して構成パラメータを取得する例。

db2 ==> GET DB CFG FOR sample↓

        データベースのデータベース構成   sample

 データベース・マネージャー構成リリース・レベル            = 0x0a00
 データベース・リリース・レベル                            = 0x0a00

(省略)

 TSM 管理クラス                            (TSM_MGMTCLASS) =
 TSM ノード名                               (TSM_NODENAME) =
 TSM 所有者                                    (TSM_OWNER) =
 TSM パスワード                             (TSM_PASSWORD) =

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール