データベースへの接続を切断するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#導入編】 【DB2逆引きリファレンス目次#クライアント

目次

前提

  • データベース接続が必要

解説

データベースへの接続を接続するには、CONNECTを用います。

CONNECT RESET

またCLPのTERMINATEコマンドを用いることも可能です。

TERMINATE

CONNECT RESETが接続を切断するのみなのに対し、TERMINATEはCLPのバックグラウンド接続プロセス自体を終了させます。

使用例

データベースへの接続を切断する例。

db2 ==> CONNECT RESET↓

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール