データベースを活動化するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#実装編】 【DB2逆引きリファレンス目次#データベース

目次

前提

  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, SYSCTRL権限, SYSMAINT権限

解説

データベースは最初の接続があった時点で活動を開始します。活動を開始する時点でバッファプールなどの割り当てが行われるため、最初の接続はすぐに完了しません。データベースを予め活動化しておけば、活動開始時の初期化処理を先に済ませておくことができます。データベースを活動化するには、CLPのACTIVATE DBコマンドを用います。

ACTIVATE DB データベース別名

データベース別名
活動化するデータベースの別名を指定します。別名をつけてカタログしている場合以外はデータベース名を指定します。

使用例

データベース(ここではsample)を活動化する例。

$ db2 ACTIVATE DB sample↓

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール