データベースマネージャーの構成パラメータを取得するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#チューニング編】 【DB2逆引きリファレンス目次#構成パラメータ

目次

前提

  • SHOW DETAILオプションを利用する場合はインスタンスへの接続が必要

解説

データベースマネージャーの構成パラメータを取得するには、CLPのGET DBM CFGを用います。

GET DBM CFG [SHOW DETAIL]

SHOW DETAIL
構成パラメータの現行値に加え、次回インスタンスを再起動した際に反映される変更についても表示します。

使用例

データベースマネージャーの構成パラメータを取得する例。

db2 ==> GET DBM CFG↓

          データベース・マネージャー構成

     ノード・タイプ                                          = ローカルとリモート・クライアントを持つデータベース・サーバー

 データベース・マネージャー構成リリース・レベル              = 0x0a00

 ファイル・オープンの最大合計                  (MAXTOTFILOP) = 16000
 CPU 速度 (ミリ秒 / 命令)                         (CPUSPEED) = 1.259585e-006

(省略)

 TCP/IP サービス名                                (SVCENAME) =
 検索モード                                       (DISCOVER) = SEARCH
 検索通信プロトコル                          (DISCOVER_COMM) =
 検索サーバー・インスタンス                  (DISCOVER_INST) = ENABLE

 並列処理の最大照会度                      (MAX_QUERYDEGREE) = ANY
 パーティション内並列処理を使用可能にする   (INTRA_PARALLEL) = NO

 内部通信バッファーの数 (4KB)              (FCM_NUM_BUFFERS) = 1024

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール