バックアップ履歴を確認するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#保守作業編】 【DB2逆引きリファレンス目次#バックアップ

目次

前提

  • インスタンス接続が必要

解説

バックアップの履歴を確認するには、CLPのLIST HISTORYコマンドを用います。

LIST HISTORY BACKUP 範囲指定 FOR データベース名

範囲指定
確認する履歴の範囲を以下の形式のいずれかで指定します。
ALL
すべての履歴を確認します。
SINCE yyyymmddHHMMSS
指定したタイムスタンプ以降の履歴を確認します。 すべての桁を指定する必要はありませんが、最短でも年( yyyy )の部分を指定する必要があります。

データベース名
バックアップ履歴を確認したいデータベースの名前を指定します。

使用例

データベース(ここではsample)のバックアップ履歴を確認する例。

db2 ==> LIST HISTORY BACKUP ALL FOR sample↓

                     sample の履歴ファイルのリスト

突き合わせファイル項目数 = 3


 オプション オブジェクト タイムスタンプ+シーケンス タイプ Dev 最初のログ 現在のログ  バックアップ ID
 -- --- ------------------ ---- --- ------------ ------------ --------------
  B  D  20040222163738001   F    D  S0000000.LOG S0000000.LOG
 ----------------------------------------------------------------------------
  2 個の表スペースを含みます :

  00001 SYSCATSPACE
  00002 USERSPACE1
 ----------------------------------------------------------------------------
    コメント: DB2 BACKUP SAMPLE OFFLINE
 開始時刻: 20040222163738
   終了時刻: 20040222163803
 ----------------------------------------------------------------------------
  00001 ロケーション: c:\backup\SAMPLE.0\DB2\NODE0000\CATN0000\20040222

  ・
  ・
(省略)
  ・
  ・

SQLCA 情報

 sqlcaid : SQLCA     sqlcabc: 136   sqlcode: -2421   sqlerrml: 0

 sqlerrmc:
 sqlerrp : sqlubIni
 sqlerrd : (1) 0                (2) 0                (3) 0
           (4) 0                (5) 0                (6) 0
 sqlwarn : (1)      (2)      (3)      (4)        (5)       (6)
           (7)      (8)      (9)      (10)       (11)
 sqlstate:

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール