バッファプールを作成するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#実装編】 【DB2逆引きリファレンス目次#バッファプールと表スペース

目次

前提

  • データベース接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, SYSCTRL権限

解説

バッファプールの作成には、CREATE BUFFERPOOLを用います。

CREATE BUFFERPOOL バッファプール名 [DEFFERED] SIZE サイズ [BLOCKSIZE ブロックサイズ ] [PAGESIZE ページサイズ ]

バッファプール名
作成するバッファプールの名前を指定します。
DEFFERED
データベースが非活動状態になるまで実際のバッファプールの作成を延期します。このオプションを指定しない場合、バッファプール用のメモリーを確保できる限り直ちに作成されます。
SIZE サイズ
バッファプールのサイズをページ数で指定します。
BLOCKSIZE ブロックサイズ
バッファプールのブロックサイズをページ数で指定します。
PAGESIZE ページサイズ
ページのサイズを指定します。ページサイズとして有効な値は4K、8K、16K、32Kのいずれかです。デフォルトは4Kです。

使用例

サイズ(ここでは512ページ)を指定してバッファプール(ここではuserbp)を作成する例。

db2 ==> CREATE BUFFERPOOL userbp SIZE 512↓

サイズ(ここでは256ページ)のバッファプール(ここではuserbp)を、ページサイズ(ここでは8K)を指定して作成する例。

db2 ==> CREATE BUFFERPOOL userbp SIZE 256 PAGESIZE 8K↓

注意

  • バッファプールのための十分な空きメモリがなくバッファプールを作成できない場合、作成できなかったバッファプールの代替として、システムのデフォルトバッファプールIBMDEFAULTBPが使用されます。
  • ブロックサイズを指定する場合、対応する表スペースのエクステントと同じ値に設定してください。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール