パッケージを個別に再バインドするには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#チューニング編】 【DB2逆引きリファレンス目次#アクセスプラン

目次

前提

  • データベース接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, DBADM権限, スキーマに対するALTERIN特権, パッケージに対するBIND特権

解説

構成パラメータを変更したり統計情報を更新した場合は、パッケージを再バインドしてアクセスプランを再設定する必要があります。 パッケージを再バインドするには、CLPのREBINDコマンドを用います。

REBIND パッケージ名 [VERSION バージョン指定 ] RESOLVE バインドセマンティクス指定

パッケージ名
再バインドするパッケージの名前を指定します。
VERSION バージョン指定
同名のパッケージが複数バージョン存在する場合は、バージョンを指定します。
RESOLVE バインドセマンティクス指定
バインドセマンティクスを以下のいずれかで指定します。
ANY
関数および型として、利用可能なものすべてを利用します。
CONSERVATIVE
関数および型として、最後の明示的バインドを行った際に利用できたもののみ利用します。

使用例

パッケージ(ここではmyprog)を再バインドする例。

db2 ==> REBIND PACKAGE myprog RESOLVE any↓

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール