モニタスイッチの状態を取得するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#運用監視編】 【DB2逆引きリファレンス目次#スナップショットの利用

目次

前提

  • インスタンス接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, SYSCTRL権限, SYSMAINT権限

解説

一部のスナップショット情報はモニタースイッチをONにしていないと取得できません。 モニタースイッチの状態を取得するには、CLPのGET MONITOR SWITCHESコマンドを用います。

GET MONITOR SWITCHES

使用例

モニタースイッチの状態を取得する例。

db2 ==> GET MONITOR SWITCHES↓

            モニター記録スイッチ

DB (データベース) パーティション番号のスイッチ・リスト      0
バッファー・プール活動情報               (BUFFERPOOL) = OFF
ロック情報                                 (LOCK)     = OFF
ソート情報                                 (SORT)     = OFF
SQL ステートメント情報                    (STATEMENT) = OFF
表活動情報                                (TABLE)     = OFF
タイム・スタンプ情報を取る                (TIMESTAMP) = ON  01/23/2004 16:59:02.000042
作業単位情報                                    (UOW) = OFF

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール