モニタスイッチの状態を設定するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#運用監視編】 【DB2逆引きリファレンス目次#スナップショットの利用

目次

前提

  • インスタンス接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, SYSCTRL権限, SYSMAINT権限

解説

一部のスナップショット情報はモニタースイッチをONにしていないと取得できません。 モニタースイッチの状態を変更するには、CLPのUPDATE MONITOR SWITCHESコマンドを用います。

UPDATE MONITOR SWITCHES USING スイッチ設定

スイッチ設定

設定するスイッチの名前および値を以下の形式で指定します。複数のスイッチを同時に指定する場合は、空白で区切って並べます。
スイッチ名 スイッチの状態 [ スイッチ名 スイッチの状態 ...]

指定できるスイッチ名には以下のものがあります。

スイッチ名取得する情報
BUFFERPOOLバッファプール活動情報
LOCKロック情報
SORTソート情報
STATEMENTSQLステートメント情報
TABLE表活動情報
TIMESTAMPタイムスタンプ情報にモニター
UOW作業単位情報

表5-1-4 モニタースイッチ一覧

スイッチの状態はONもしくはOFFのいずれかで指定します。

使用例

モニタースイッチLOCKをONにし、モニタースイッチSORTをOFFにする例。

db2 ==> UPDATE MONITOR SWITCHES USING LOCK ON SORT OFF↓

注意

  • スイッチの変更は、変更を行ったCLPに対してのみ有効です。スナップショットを実行するCLPでスイッチを変更するようにしてください。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール