ライセンス情報を登録するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#導入編】 【DB2逆引きリファレンス目次#インストール

目次

前提

  • rootユーザー(UNIX環境の場合)もしくはAdministrator権限を持ったアカウント(Windows環境の場合)でログインしている必要があります

解説

通常に購入したDB2を利用するような場合は余り問題になりませんが、ライセンス登録作業が必要になる場合があります。

  • 購入に先立って評価していたトライアル版の環境を継続して利用する場合
  • GUIを用いないでインストールした場合
  • 有料のオプション(例えば地理情報エクステンダーなど)をインストールした場合

このような場合は、db2licmコマンドを用いてライセンス登録の作業を行います。

db2licm -a ライセンスファイルのパス

ライセンスファイルのパス
ライセンス情報を登録したライセンスファイルへのパスを指定します。 ライセンスファイルは'.lic'という拡張を持つファイルで、各インストールメディアの/db2/licenseディレクトリの下に格納されています。

使用例

Linux環境下でDB2 UDB Enterprise Server Editionのライセンスを登録する例。

$ /opt/IBM/db2/V8.1/adm/db2licm -a /mnt/cdrom/db2/license/db2ese.lic↓
DBI1402I License added successfully.


DBI1426I This product is now licensed for use as specified in
          the License Acceptance and License Information
          documents pertaining to the licensed copy of this
          product.  USE OF THE PRODUCT CONSTITUTES ACCEPTANCE OF
          THE TERMS OF THE IBM LICENSE ACCEPTANCE AND LICENSE
          INFORMATION DOCUMENTS, LOCATED IN THE FOLLOWING
          DIRECTORY: /opt/IBM/db2/V8.1/license/ja_JP.eucJP

注意

  • db2licmにはデフォルトでパスが通っていません。例にあるようにフルパスで指定してください。db2licmは、インストールディレクトリの下にあるadmサブディレクトリに格納されています。
  • ライセンスファイルの取り扱いには十分注意してください。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール