リモートノードのデータベースをカタログするには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#導入編】 【DB2逆引きリファレンス目次#クライアント

目次

前提

  • 以下のいずれかが必要: sysadm権限, sysctrl権限

解説

リモートホストのノードに存在するデータベースに接続するためには、データベースディレクトリにそのデータベースをカタログ(登録)する必要があります。データベースのカタログには、CLPのCATALOG DBコマンドを用います。

CATALOG DB データベース名 [AS 別名 ] AT NODE ノード名

データベース名
カタログするデータベース名を指定します。
別名
データベースを別名でデータベースディレクトリに登録する場合に、その別名を指定します。
ノード名
データベースが存在するノード名を指定します。指定するノードは予めカタログしておく必要があります。

使用例

ノードfoo上のデータベースbarをカタログする例。

$ db2 CATALOG DB bar AT NODE foo↓

ノードfoo上のデータベース(ここではbar)を別名(ここではbar2)でカタログする例。

$ db2 CATALOG DB bar AS bar2 AT NODE foo↓

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール