ログファイルの個数を変更するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#実装編】 【DB2逆引きリファレンス目次#ログ

目次

前提

  • インスタンス接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, SYSCTRL権限, SYSMAINT権限

解説

ログファイルには一次ログファイルと二次ログファイルがあり、それぞれ個別に個数を指定する必要があります。

一次ログファイル
常時確保されるログファイル。一次ログファイルの個数はデータベース構成パラメータLOGPRIMARYにより設定します。
二次ログファイル
一次ログファイルが満杯になった時点で確保されるログファイル。作成される二次ログファイルの最大の個数はデータベース構成パラメータLOGSECONDにより設定します。無限アクティブロギングの機能を利用する場合は-1を指定します。
すべてのアプリケーションの接続が切断した後、初めてアプリケーションが接続した時にファイルサイズの変更が有効になります。

使用例

データベース(ここではsample)の一次ログファイルの個数(ここでは16)および二次ログファイルの個数(ここでは32)を設定する例。

$ db2 UPDATE DB CFG FOR sample USING LOGPRIMARY 16 LOGSECOND 32↓

注意

  • 一次ログファイルの個数と二次ログファイルの個数の和は256以下でなければなりまりせん。
  • すべてのログファイルの合計サイズは256GB以下でないといけません。
  • 変更が有効になった時点でログファイルの初期化が行われます。ログファイルのサイズおよび個数が大きい場合、初期化に時間がかかることがあります。データベースを活動化しなおすような場合は注意してください。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール