ログフル時にログ出力をブロックするには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#実装編】 【DB2逆引きリファレンス目次#ログ

目次

前提

  • インスタンス接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, SYSCTRL権限, SYSMAINT権限

解説

ログファイルが満杯(ログフル)の状態でログをさらに出力させようとすると、通常はそのログを出力させるSQLを実行したアプリケーションにエラーが返ります。 ここでエラーとしてすぐに終了せず、出力が再開できるまでログ出力をブロックさせることが可能です。 この機能を利用するには、データベース構成パラメータBLK_LOG_DSK_FULの値をYESに設定します。 この機能を利用してログ出力をブロックした場合、アプリケーションにはエラーが返らず、再度ログが出力できるようになるまでトランザクションは停止状態になります。 再度ログが出力できるようになったかどうかのチェックは、5分間隔で実行されます。

使用例

データベース(ここではsample)に対して、ログ出力のブロックを有効にする例。

$ db2 UPDATE DB CFG for SAMPLE USING BLK_LOG_DSK_FUL YES↓

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール