ロックの据え置きを有効にするには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#チューニング編】 【DB2逆引きリファレンス目次#様々な最適化パラメータ

目次

前提

  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限

解説

通常、DB2は行にアクセスする前にロックを取得しようとします。 トランザクションの平行性を高めるために、先に行を評価した上で必要ならロックを取得するよう、DB2の挙動を変更することができます。 このロックの据え置き機能を利用するには、以下のプロファイルレジストリ変数を設定します。

DB2_EVALUNCOMMITTED
ONを指定することで、表スキャンおよび索引スキャン時、WHERE句の条件に適合しない行にはロックが取得されないようになります。
DB2_SKIPDELETED
ONを指定することで、索引スキャン時、WHERE句の条件に適合しない行にはロックが取得されないようになります。 Type2索引でのみ有効です。

使用例

ロックの据え置きを有効にする例。

$ db2set DB2_EVALUNCOMMITED=ON↓
$ db2set DB2_SKIPDELETED=ON↓

注意

  • 変更した設定を有効にするには、インスタンスの再起動が必要です。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール