ローカルのデータベースをカタログするには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#導入編】 【DB2逆引きリファレンス目次#クライアント

目次

前提

  • 以下のいずれかが必要: sysadm権限, sysctrl権限

解説

インスタンスを再作成などするしてローカルにある既存のデータベースを再度利用する必要ができた場合は、CLPのCATALOG DBでカタログし直します。

CATALOG DB データベース名 [AS 別名 ] ON データベースディレクトリ

データベース名
カタログするデータベース名を指定します。
別名
データベースを別名でデータベースディレクトリに登録する場合に、その別名を指定します。
データベースディレクトリ
データベースが存在するディレクトリを指定します。

使用例

/database/fooに存在するfooという名前のデータベースをカタログする例(UNIX環境)。

$ db2 CATALOG DATBASE foo ON '/database/foo'↓

H:ドライブに存在するfooという名前のデータベースをカタログする例(Windows環境)。

C:>db2 CATALOG DATBASE foo ON 'h:'↓

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール