一意制約、参照制約、チェック制約を削除するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#実装編】 【DB2逆引きリファレンス目次#制約

目次

前提

  • データベース接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, DBADM権限, 制約を追加する表に対するCONTROL特権, 制約を追加する表のスキーマに対するALTERIN特権

解説

一意制約、参照制約、チェック制約を削除するには、ALTER TABLEを用います。

ALTER TABLE 表名 DROP CONSTRAINT 制約名

表名
制約を削除する表の名前を指定します。
制約名
削除する制約の名前を指定します。

使用例

表(ここではemployee)の制約(ここではu1)を削除する例。

db2 ==> ALTER TABLE employee DROP CONSTRAINT u1↓

注意

  • 制約名がわからない場合は、制約にわざと違反することで確認できます。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール