再編成の必要性を確認するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#保守作業編】 【DB2逆引きリファレンス目次#データの再編成

目次

前提

  • データベース接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, DBADM権限, 再編成する表に対するCONTROL特権

解説

表の再編成の必要性を確認するには、CLPのREORGCHKコマンドを用います。

REORGCHK [CURRENT STATISTICS] [ 再編成対象指定 ]

CURRENT STATISTICS
再編成が必要かどうかを現在の統計情報に基づいてチェックします。このオプションを指定しない場合、統計情報の更新を行った上で再編成が必要かどうかをチェックします。
再編成対象指定
再編成が必要かどうかをチェックする対象を以下の形式のいずれかで指定します。
ON TABLE USER
接続しているユーザーが所有している表をチェックします。
ON SCHEMA スキーマ名
指定したスキーマに含まれるすべての表をチェックします。
ON TABLE スキーマ名.表名
指定した表をチェックします。
ON TABLE SYSTEM
システムの表をチェックします。
ON TABLE ALL
すべてのユーザーおよびシステムの表をチェックします。

REORGCHKを実行すると、チェックした表につきF1, F2, F3の表統計が計算されます。 これらの値は表6-2-1に示すような範囲内である必要があります。

項目適正な範囲
F15 以下
F270 以上
F380 以上

表6-2-1: 表統計の項目

各項目が適正な範囲内に収まっているかどうかは、REORGの項目に要約されています。 この項目は3桁の文字列になっており、各桁がF1, F2, F3の状態に対応しています。 F1, F2, F3すべて適正な範囲内にあればREORGの項目は'---'という表示になり、いずれか範囲外の値があれば対応する桁の文字が'*'になります。 また、REORGCHKを実行すると索引についてF4, F5, F6, F7, F8の索引統計が計算されます。 これらの値は表6-2-2に示すような範囲内である必要があります。

項目適正な範囲
F480以上
F550以上
F6100以下
F720以下

表6-2-2: 索引統計の項目

索引統計についても、各項目が適正な範囲内に収まっているかどうかがREORGの項目に要約されています。 この項目は5桁の文字列になっており、各桁がF4, F5, F6, F7, F8の状態に対応しています。 F4, F5, F6, F7, F8すべて適正な範囲内にあればREORGの項目は'-----'という表示になり、いずれか範囲外の値があれば対応する桁の文字が'*'になります。

使用例

スキーマ(ここではdb2inst1)に含まれる表および索引について再編成が必要かどうかをチェックする例。

db2 ==> REORGCHK ON SCHEMA db2inst1↓

RUNSTATS 中....
	・
	・
(省略)
	・
	・
SCHEMA    NAME                  CARD    OV    NP    FP ACTBLK    TSIZE  F1  F2  F3 REORG
----------------------------------------------------------------------------------------
DB2INST1  EMP_RESUME               8     0     1     1      -      984   0   - 100 --- 
DB2INST1  EMPLOYEE                32     0     2     2      -     2784   0  68 100 -*- 
DB2INST1  IN_TRAY                  -     -     -     -      -        -   -   -   - --- 
	・
	・
(省略)
	・
	・
SCHEMA   NAME                 CARD  LEAF ELEAF  LVLS ISIZE  NDEL   KEYS  F4  F5  F6  F7  F8 REORG  
-------------------------------------------------------------------------------------------------
表: DB2INST1.EMPLOYEE  
DB2INST1 INDEX1                  8     1     0     1    14     0      8 100   -   -   0   0 ---*- 
	・
	・
(省略)

出力結果を見ると、表EMPLOYEEおよび索引INDEX1について再編成が必要なことがわかります。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール