動的SQLアクセスプラン実行時の詳細情報を表示するには(GUI)

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#チューニング編】 【DB2逆引きリファレンス目次#アクセスプラン

目次

前提

  • SQLの実行に必要な権限およびEXPLAIN表への参照権限が必要

解説

Visual Explainを利用すると、動的SQLアクセスプラン実行時の詳細情報を手軽に確認することができます。 Visual Explainは、コントロールセンターから起動します。

手順

  1. スタートメニューからコントロールセンターを起動します(図4-3-1)。
    4-3-1.gif

    図4-3-1: コントロールセンターを起動する

  2. SQLを実行するデータベースを選択します(図4-3-2)。
    4-3-2.gif

    図4-3-2: データベースの選択

  3. データベースのコンテキストメニューをオープンし、「SQLのEXPLAIN...」を選択します(図4-3-3)。
    4-3-3.gif

    図4-3-3: SQLのEXPLAINの実行

  4. 実行するSQLを入力し、OKボタンをクリックします(図4-3-4)。
    4-3-4.gif

    図4-3-4: 実行するSQLの入力

  5. SQLが実行され、取得されたEXPLAIN情報に基づきアクセスプランが表示されます(図4-3-5)。
    4-3-5.gif

    図4-3-5: アクセスプランの表示

    アクセスプランのグラフが大きな図になる場合は、ナビゲーション用ウィンドウで全体の概要を確認できます(図4-3-6)。


    4-3-6.gif

    図4-3-6: ナビゲーションウィンドウ

  6. オペレータをダブルクリックすることで、詳細情報を確認できます(図4-3-7)。
    4-3-7.gif

    図4-3-7: オペレータの詳細情報の表示

注意

  • Visual Explainは内部で動的SQLを実行してEXPLAIN情報を取得しています。 EXPLAIN表が存在しない場合は自動的に作成されるので注意してください(図4-3-8)。
    4-3-8.gif

    図4-3-8: EXPLAIN表の自動生成

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール