接続インスタンスを指定するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#保守作業編】 【DB2逆引きリファレンス目次#保守の準備

目次

前提

  • なし

解説

インスタンスへの接続を明示的に指定するには、CLPのATTACHコマンドを用います。 接続を明示的に指定していない場合は、環境変数DB2INSTANCEの示すインスタンスに暗黙的に接続されます。

ATTACH TO インスタンス名 [USER ユーザ名 USING パスワード ]

インスタンス名
接続するインスタンスの名前を指定します。
USER ユーザ名 USING パスワード
インスタンスへの接続にユーザ名とパスワードが必要な場合は指定します。

使用例

インスタンス(ここではdevinst)にユーザ名(ここではdb2admin)とパスワード(ここではpassword)を指定して接続する例。

db2 ==> CONNECT TO devinst USER db2admin USING password↓

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール