無限アクティブロギングを行うには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#実装編】 【DB2逆引きリファレンス目次#ログ

目次

前提

  • インスタンス接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, SYSCTRL権限, SYSMAINT権限

解説

無限アクティブロギングを利用するには、二次ログファイルの個数として-1を指定し、USEREXITプログラムを有効にする必要があります。 これらの設定を行うことで、ログファイルを無制限に作成し、必要に応じてアーカイブ/アクティブログを別のデバイスに退避させることができるようになります。 いったん移動されたアクティブログが再び必要になった場合、それらのログファイルはUSEREXITプログラムによってDB2からアクセスできる場所に戻されます。 何も指定しなければアクティブログが格納されているパスに移動されますが、データベース構成パラメータOVERFLOWLOGPATHが指定されている場合は、そちらで指定されたディレクトリに移動されます。

使用例

データベース(ここではsample)に対して、無限アクティブロギングの機能を有効にする例。

$ db2 UPDATE DB CFG FOR sample USING LOGSECOND -1 USEREXIT ON↓

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール