管理サーバーの構成パラメータを取得するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#チューニング編】 【DB2逆引きリファレンス目次#構成パラメータ

目次

前提

  • ノード接続が必要

解説

管理サーバーの構成パラメータを取得するには、CLPのGET ADMIN CFGコマンドを用います。

GET ADMIN CFG [FOR 管理ノード名 [USER ユーザー名 USING パスワード ] ]

管理ノード名
構成パラメータを取得する管理ノードの名前を指定します。
USER ユーザー名 USING パスワード
管理ノードへの接続にユーザー名とパスワードが必要であれば指定します。

使用例

管理サーバーの構成パラメータを取得する例。

db2 ==> GET ADMIN CFG↓

            Administration Server 構成

 認証タイプ DAS                                 (AUTHENTICATION) = SERVER_ENCRYPT

 DAS 管理者権限グループ名                         (DASADM_GROUP) =

 DAS 検索モード                                       (DISCOVER) = SEARCH
 DB2 サーバー・システムの名前                        (DB2SYSTEM) = LOVERS

(省略)

 ツール・カタログ・データベース                    (TOOLSCAT_DB) =
 ツール・カタログ・データベース・インスタンス    (TOOLSCAT_INST) =
 ツール・カタログ・データベース・スキーマ          (TOOLSCAT_DB) =
 スケジューラー・ユーザー ID                                     =

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール