管理サーバーの自動起動を制御するには(Windows)

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#導入編】 【DB2逆引きリファレンス目次#管理サーバー

目次

前提

  • Administrator権限を持ったアカウントでログインしている必要があります

解説

Windows環境における管理サーバーはサービスとして実装されています。自動起動させるには、他のサービスと同じように、コントロールパネルから自動起動するように設定します。

手順

  1. スタートメニューからコントロールパネルを開きます(図1-4-1)。
    1-4-1.gif

    図1-4-1: コントロールパネルを開く

  2. 「パフォーマンスとメンテナンス」を選択します(図1-4-2)。
    1-4-2.gif

    図1-4-2: 「パフォーマンスとメンテナンス」を開く

  3. 「管理ツール」を選択します(図1-4-3)。
    1-4-3.gif

    図1-4-3: 「管理ツール」を開く

  4. 「サービス」を選択します(図1-4-4)。
    1-4-4.gif

    図1-4-4: 「サービス」を開く

  5. 管理サーバーに対応するサービス名「DB2DAS」をダブルクリックします(図1-4-5)。
    1-4-5.gif

    図1-4-5: サービス名をダブルクリック

  6. スタートアップの種類を「自動」に変更します(図1-4-6)。
    1-4-6.gif

    図1-4-6: 「自動」に変更

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール