管理サーバーをタスクスケジューラーとして機能させるには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#運用監視編】 【DB2逆引きリファレンス目次#タスクセンターの利用

目次

前提

  • 以下のいずれかが必要: DASADM権限
  • ノード接続が必要

解説

管理サーバーをタスクスケジューラーとして利用するには、以下の管理サーバー構成パラメータを設定する必要があります。

TOOLSCAT_SCHEMA
ツールカタログ表が格納されているスキーマの名前
TOOLSCAT_DB
ツールカタログ表が格納されているデータベースの名前
TOOLSCAT_INST
ツールカタログ表が格納されているデータベースのあるインスタンスの名前
SCHED_ENABLE
管理サーバーをスケジューラーとして使用するかどうかを指定します。スケジューラーとして利用する場合はONを、しない場合はOFFを指定します。
SCHED_USERID
スケジューラーがツールカタログ表に接続するために用いるユーザー名を指定します。

使用例

管理サーバーをタスクスケジューラーとして使用するために、ツールカタログ表が格納されているインスタンス、データベースおよびスキーマの情報(ここではそれぞれdb2inst1、toolsdbおよびtoolscat)を設定する例。

db2 ==> UPDATE ADMIN CFG USING SCHED_ENABLE ON TOOLSCAT_INST db2inst1 TOOLSCAT_DB toolsdb TOOLSCAT_SCHEMA toolscat↓

注意

  • あらかじめツールカタログ表を作成しておく必要があります。
  • 複数のデータベースサーバーを一括で管理する場合、それぞれのサーバーで管理サーバーを起動しておく必要があります。ただし、スケジューラーとして設定しておく必要がある管理サーバーはいずれか一台のみです。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール