索引の再編成を行うには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#保守作業編】 【DB2逆引きリファレンス目次#データの再編成

目次

前提

  • データベース接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, SYSCTRL権限, SYSMAINT権限, DBADM権限, 再編成に関連する表に対するCONTROL特権

解説

索引の再編成を行うには、CLPのREORGコマンドを用います。

REORG INDEXES ALL FOR 表名 [ アクセス制御指定 ] [CLEANUP ONLY]

表名
再編成する索引に対応づけられている表の名前を指定します。指定した表の索引がすべて再編成されます。
アクセス制御指定
再編成中の索引に対応づけられている表に対して許すアクセスの種別を、以下の形式のいずれかで指定します。
ALLOW READ ACCESS
読み取りアクセスのみを許します。これがデフォルトです。
ALLOW WRITE ACCESS
読み取りおよび書き取りアクセスを許します。
ALLOW NO ACCESS
アクセスを許しません。

CLEANUP ONLY
完全な再編成を実施せず、索引中の擬似削除のエントリーのクリーンナップのみを行います。

使用例

表(ここではemployee)上に作成された索引をすべて再編成する例。

db2 ==> REORG INDEXES ALL FOR TABLE employee↓

注意

  • 索引の再編成はインプレースモードでは実行できません。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール