表の一覧を確認するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#実装編】 【DB2逆引きリファレンス目次#表とビュー

目次

前提

  • データベース接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, DBADM権限, SYSCAT.TABLESに対するCONTROL特権, SYSCAT.TABLESに対するSELECT特権

解説

表の一覧を確認するには、CLPのLIST TABLESコマンドを用います。

LIST TABLES [FOR 対象 ] [SHOW DETAIL]

対象
表示する対象の表を指定します。
ALL
データベース内のすべての表、ビューおよび別名のリストを表示します。
SCHEMA スキーマ名
指定したスキーマ内のすべての表、ビューおよび別名のリストを表示します。
SYSTEM
データベース内のすべてのシステム表、ビューおよび別名のリストを表示します。
USER
接続しているユーザーのすべての表、ビューおよび別名のリストを表示します。デフォルトはこれを指定した場合と同じです。

SHOW DETAIL
このオプションを指定しなかった場合、スキーマ名は14文字で切り捨てられ、表名は31文字で切り捨てられます。

使用例

ユーザーの表の一覧を確認する例。

$ LIST TABLES↓

システム表の一覧を確認する例。

$ LIST TABLES FOR SYSTEM↓

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール