表の再編成を行うには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#保守作業編】 【DB2逆引きリファレンス目次#データの再編成

目次

前提

  • データベース接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, SYSCTRL権限, SYSMAINT権限, DBADM権限, 再編成する表に対するCONTROL特権

解説

表を再編成するには、CLPのREORGコマンドを用います。

REORG TABLE 表名 [INDEX 索引名 ]   [ALLOW NO ACCESS] [USE 表スペース名 ] [LONGLOBDATA]

表名
再編成を行う表の名前を指定します。
INDEX 索引名
ここで指定した索引の並び順にしたがって、表が再編成されます。
ALLOW NO ACCESS
再編成中の表へのアクセスを禁止します。指定しない場合、再編成中の表に対する参照が可能となります。
USE 表スペース名
再編成のための作業領域として用いる表スペースを指定します。再編成対象の表が利用している表スペースとページサイズが一致している必要があります。
LONGLOBDATA
LONGおよびLOBデータの再編成も行うことを指定します。デフォルトではLONGおよびLOBデータの再編成は行われません。

使用例

表(ここではemployee)を索引(ここではempindex)に基づいて再編成する例。

db2 ==> REORG TABLE employee INDEX empindex↓

注意

  • 再編成中は表に対する参照のみが可能です。再編成中の表に書き込む必要がある場合は、インプレースモードで表の再編成を実行してください。
  • デフォルトではLONGおよびLOBデータの再編成は行われません。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール