表を作成するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#実装編】 【DB2逆引きリファレンス目次#表とビュー

目次

前提

  • データベース接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, DBADM権限
  • もしくは以下の特権のすべて: データベースに対するCREATETAB特権、表スペースに対するUSE特権、スキーマに対するCREATEIN特権

解説

表を作成するには、CREATE TABLEを用います。

CREATE TABLE 表名 ( 列定義 )

  [IN 表スペース名 ]   [INDEX IN 索引用表スペース名 ]

  [LONG IN LONGデータ用表スペース名 ]

表名
作成する表の名前を指定します。
列定義
表に含まれる列を以下の形式で指定します。複数の列を定義する場合はカンマで区切って並べます。

  列名 列の型 [, 列名 列の型, ....]  

IN 表スペース名
表を格納するための表スペース名を指定します。
INDEX IN 索引用表スペース名
この表用の索引を格納するための表スペース名を指定します。
LONG IN LONGデータ用表スペース名
この表に含まれるLONGおよびLOBデータを格納するための表スペースを指定します。

使用例

表(ここではsamptab1)を定義する例。

db2 ==> CREATE TABLE samptab1 (id INT, name VARCHAR(32))↓

表スペース(ここではuserdms00)を指定して表(ここではsamptab2)を定義する例。

db2 ==> CREATE TABLE samptab2 (id INT, name VARCHAR(32)) IN usredms00↓

注意

  • 索引およびLONGデータ用の表スペースを指定できるのは、表を格納する表スペースとしてDMS表スペースを指定した場合のみです。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール