表スペースのコンテナーのサイズを変更するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#実装編】 【DB2逆引きリファレンス目次#バッファプールと表スペース

目次

前提

  • データベース接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, SYSCTRL権限

解説

表スペースのコンテナーのサイズを変更するには、ALTER TABLESPACEのEXTEND、REDUCEおよびRESIZEオプションのいずれかを用います。

ALTER TABLESPACE 表スペース名 指定方法 ( コンテナー指定 )

表スペース名
コンテナーのサイズを変更する表スペースの名前を指定します。
指定方法
以下のいずれかを指定します。
EXTEND
指定した値だけコンテナーのサイズを大きくします。
REDUCE
指定した値だけコンテナーのサイズを小さくします。
RESIZE
指定した値にコンテナーのサイズを変更します。

コンテナー指定
サイズを変更するコンテナーを指定します。カンマで区切り、複数のコンテナーを指定することが可能です。
FILE 'ファイルパス' ページ数もしくはサイズ
コンテナーとしてファイルを指定します。パスは絶対指定でも相対指定でも構いませんが、相対指定の場合はデータベースディレクトリからの相対指定になります。
DEVICE 'デバイスパス' ページ数もしくはサイズ
コンテナーとしてローデバイスを指定します。パスはデバイスファイルのパスになります。
ALL CONTAINERS
すべてのコンテナーを指定します。他のコンテナー指定と併用はできません。
サイズの値を指定する場合、K、MもしくはGのいずれかを単位として指定することが可能です(それぞれ、キロバイト、メガバイト、ギガバイト)。

使用例

表スペース(ここではuserdms00)のローデバイスのコンテナー(ここでは/dev/rdsk00と/dev/rdsk01のふたつ)のサイズを変更(ここでは20480)する例。

db2 ==> ALTER TABLESPACE userdms00 RESIZE ( DEVICE '/dev/rdsk00' 20480, DEVICE '/dev/rdsk01' 20480)↓

注意

  • コンテナーのサイズを大きくする場合は、ストレージの空き容量に十分な容量があることを確認してください。
  • コンテナーのサイズを小さくする場合は、使用ページ数が十分小さいことを確認してください。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール