表スペースのコンテナーを削除するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#実装編】 【DB2逆引きリファレンス目次#バッファプールと表スペース

目次

前提

  • データベース接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, SYSCTRL権限

解説

表スペースからコンテナーを削除するには、ALTER TABLESPACEのDROPオプションを用います。

ALTER TABLESPACE 表スペース名 DROP ( コンテナー指定 )

表スペース名
コンテナーを削除する表スペースの名前を指定します。
コンテナー指定
削除するコンテナーを指定します。カンマで区切り、複数のコンテナーを指定することが可能です。
FILE 'ファイルパス'
コンテナーとしてファイルを指定します。パスは絶対指定でも相対指定でも構いませんが、相対指定の場合はデータベースディレクトリからの相対指定になります。
DEVICE 'デバイスパス'
コンテナーとしてローデバイスを指定します。パスはデバイスファイルのパスになります。

使用例

表スペース(ここではuserdms00)からローデバイスのコンテナー(ここでは/dev/rdsk10と/dev/rdsk11のふたつ)を削除する例。

db2 ==> ALTER TABLESPACE userdms00 DROP ( DEVICE '/dev/rdsk10', DEVICE '/dev/rdsk11' )↓

注意

  • 他のコンテナーに空き領域が十分にないとコンテナーを削除できません。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール