CLIトレースをとるには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#運用監視編】 【DB2逆引きリファレンス目次#トレース情報

目次

前提

  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限

解説

CLIトレースをとるには、以下のCLI構成パラメータを設定します。

TRACEPATHNAME
トレースファイルを出力するディレクトリへの絶対パス
TRACE
トレースをとるかどうかのスイッチ。トレースをとる場合には1を、とらない場合には0を指定します。

使用例

CLIトレースをディレクトリ(ここでは/trace)に取得するように設定する例。

db2 ==> UPDATE CLI CFG USING TRACEPATHNAME /trace TRACE 1↓

注意

  • CLIトレースはクライアント側で取得するものです。
  • CLIトレースはパフォーマンスに大きな影響を与えるため、障害発生時の問題判別など、デバッグ用途にのみ利用するようにしてください。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール