DB2をGUIなしでインストールするには(UNIX)

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#導入編】 【DB2逆引きリファレンス目次#インストール

目次

前提

  • rootユーザーでログインしている必要があります

解説

Unix環境でGUIインストーラー(db2setup)を実行するためには、X Window Systemの環境が必要になります。このためリモートホストからTelnetで接続して作業している場合などはdb2setupを実行することができません。このような場合、db2_installスクリプトを用いることで、DB2をGUIの無い環境でインストールすることが可能です。

手順

  1. db2_installのあるディレクトリに移動します。db2_installはインストールメディアのルートディレクトリに格納されています。以下はLinux環境下で/mnt/cdromにインストールメディアがマウントされている場合の例です。
    $ cd /mnt/cdrom↓
    
  2. db2_installを実行します。
    $ ./db2_install↓
    
  3. インストールタイプを選択します。選択できるインストールタイプは、用いるインストールメディアにより異なります。以下は、Enterprise Server Editionのインストールメディアを用いた場合の例です。
    $ ./db2_install ↓
    
    以下のキーワードを1つ以上指定し、
    スペースで区切ってDB2 製品をインストールしてください。
    
    キーワード   製品説明
    DB2.ESE      DB2 Enterprise Server Edition for LINUX
    DB2.ADMCL    DB2 Administration Client for LINUX
    DB2.ADCL     DB2 Application Development CLient for LINUX
    
    "ヘルプ"を入力して製品名を再表示してください。
    *****************************************************************
    DB2.ESE↓
    
  4. インストール後、必要であれば以下の処理を適宜実行してください。
    • インスタンスの作成
    • 管理サーバーの作成
    • TCP/IPを用いたクライアント接続の設定
    • ライセンスの登録

注意

  • db2_installはWindowsでは利用できません。
  • インストール先の容量が十分に存在するか確認してから実行してください。各プラットフォームでのデフォルトのインストール先は、以下のようになっています。
    1. Windows - C:\Program Files\IBM\SQLLIB
    2. Linux/Solaris/HP-UX - /opt/IBM/db2/V8.1
    3. AIX - /usr/opt/db2_08_01

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール