DB2プロファイル変数の値を設定するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#チューニング編】 【DB2逆引きリファレンス目次#構成パラメータ

目次

前提

  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限

解説

DB2プロファイル変数の値を設定するには、db2setコマンドを用います。

db2set [-g] [-i インスタンス名 ] 変数名=値

-g
グローバルプロファイル変数にアクセスします。
-i インスタンス名
指定したインスタンスのプロファイル変数にアクセスします。 指定しない場合は、カレントもしくはデフォルトのインスタンスプロファイル変数にアクセスします。
変数名=値
値を設定する変数の名前および設定する値を指定します。 値の指定を省略すると、指定した変数の設定を取り除きます。

使用例

プロファイル変数(DB2COMM)の値を設定する例。

$ db2set DB2COMM=TCPIP↓

プロファイル変数(DB2COMM)の値の設定を取り除く例。

$ db2set DB2COMM=↓

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール