JDBCドライバーを利用するには(Type4)

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#アプリケーション開発編】 【DB2逆引きリファレンス目次#Javaアプリケーション

目次

前提

  • IBM JDKが必要

解説

ユニバーサルJDBCドライバーはDB2 V8.1から利用できる新しいJDBCドライバーであり、Type2およびType4 JDBCドライバーとして機能します。 ユニバーサルJDBCドライバーを利用するためには、以下のクラスライブラリのアーカイブをJava実行環境(JRE)のCLASSPATHに追加しておく必要があります。

  • db2jcc.jar
  • db2jcc_license_cu.jar

これらのアーカイブは、DB2をインストールしたディレクトリの下にあるサブディレクトリjavaに格納されています。 ユニバーサルJDBCドライバーのクラス名は以下のようになります。

com.ibm.db2.jcc.DB2Driver

ユニバーサルJDBCドライバーは、Type2もしくはType4のJDBCドライバーとして利用可能です。 Type4 JDBCドライバーとして利用する場合は、以下の形式のURLでデータベースを接続します。

jdbc:db2://ホスト名:ポート番号/データベース名

使用例

ユニバーサルJDBCドライバーをType4 JDBCドライバーとして用い、リモートサーバー(ここではlocalhost)上のデータベース(ここではsample)にユーザ(ここではuser)とパスワード(ここではpassword)を指定して接続する例。

import java.sql.*;

public class Type4Sample {
	
    public static void main(String[] args) {

        try {
            Class.forName("com.ibm.db2.jcc.DB2Driver");
        } catch (ClassNotFoundException e) {
            e.printStackTrace();
            return;
        }

        Connection conn = null;
        PreparedStatement ps = null;
        ResultSet result = null;

        try {

            conn = DriverManager.getConnection("jdbc:db2://localhost:50000/sample",
                                               "user", "password");
            ps = conn.prepareStatement("SELECT * FROM employee");
            result = ps.executeQuery();

            while (result.next()) {
            	System.out.print(result.getInt("EMPNO"));
            	System.out.print(" ");
            	System.out.println(result.getString("FIRSTNME"));
            }

        } catch (SQLException e) {
            e.printStackTrace();
        } finally {
            if (result != null) {
                try {
                    result.close();
                } catch (SQLException e) { }
            }
            if (ps != null) {
                try {
                    ps.close();
                } catch (SQLException e) { }
            }
            if (conn != null) {
                try {
                    conn.close();
                } catch (SQLException e) { }
            }
        }
    }
}


注意

  • FixPak2以降がインストールされていないと、ユニバーサルJDBCドライバーをType2ドライバーとして利用することはできません。
  • Type4 JDBCドライバーとして日本語を利用する場合はIBM JDKが必要です。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール