LOBデータをエクスポートするには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#保守作業編】 【DB2逆引きリファレンス目次#データの移動

目次

前提

  • データベース接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, DBADM権限

    解説

    LOB型の列を含む表のデータをエクスポートするには、CLPのEXPORTコマンドでLOBSINFILEオプションを指定します。

    EXPORT TO エクスポート先ファイル OF データ形式指定

      LOBS TO LOBデータ出力先指定 LOBFILE LOBデータファイル接頭辞指定   MODIFIED BY LOBSINFILE [ その他のエクスポートオプション指定 ]   [MESSAGES メッセージ出力先ファイル ]   SELECT文

    エクスポート先ファイル
    エクスポートしたデータを格納するファイルのパスを指定します。
    データ形式指定
    ファイルのデータ形式を指定します。指定できる形式はLOBデータを含まないエクスポートの場合と同じです。
    LOBS TO LOBデータ出力先指定
    LOBデータを格納するディレクトリを指定します。複数のディレクトリを指定する場合は、カンマで区切って並べます。 ディレクトリのパスは'/'(UNIX環境の場合)もしくは'\'(Windows環境の場合)で終わっている必要があります。 またひとつも指定しなかった場合は、カレントディレクトリを指定したことになります。
    LOBFILE LOBデータファイル接頭辞指定
    LOBデータを格納するファイルの接頭辞を指定します。複数の接頭辞を指定する場合は、カンマで区切って並べます。
    エクスポートオプション指定
    LOBSINFILE以外に指定するエクスポートオプションがあれば指定します。指定できるオプションはLOBデータを含まないエクスポートの場合と同じです。
    MESSAGES メッセージ出力先ファイル
    EXPORTコマンドの出力メッセージを記録するファイルのパスを指定します。指定しない場合は標準出力にメッセージが出力されます。
    SELECT文
    エクスポートするデータを指定するSELECT文を記述します。

    使用例

    LOBデータを含む表(ここではalbums)からディレクトリ(ここでは/lob1および/lob2)を指定してデータをエクスポートする例。

    db2 ==> EXPORT TO albums OF IXF LOBS TO /lob1/,/lob2/ SELECT * FROM albums↓
    

    注意

    • LOBS TOで指定するディレクトリは'/'(UNIX環境の場合)もしくは'\'(Windows環境の場合)で終わっている必要があります。

    参照

    個人用ツール
    名前空間

    変種
    操作
    案内
    ツール