LOBデータをロードするには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#保守作業編】 【DB2逆引きリファレンス目次#データの移動

目次

前提

  • データベース接続が必要
  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限, DBADM権限
  • 表に対するロード権限に加えて、ロード作業で発生する個別の行挿入、行更新を行う権限

    解説

    LOB型の列を含むデータを表にロードするには、CLPのLOADコマンドでLOBSINFILEオプションを指定します。

    LOAD [CLIENT] FROM ロード元ファイル名 OF データ形式指定

      LOBS FROM LOBデータ格納ディレクトリ指定   [MODIFIED BY LOBSINFILE その他のロードオプション指定 ]   [MESSAGES メッセージ出力先ファイル ]   [ ロード方法指定 ]   [STATISTICS YES] [ 回復オプション指定 ]

      [INDEXING MODE 索引再構築方法指定 ] [ALLOW READ ACCESS]

    CLIENT
    リモートクライアントからデータをロードする場合に、ロードするデータがクライアント上にあることを指定します。
    ロード元ファイル名
    ロードするデータを格納しているファイルのパスを指定します。
    データ形式指定
    ファイルのデータ形式を指定します。指定できる形式はLOBデータを含まないロードの場合と同じです。
    LOBS FROM LOBデータ格納ディレクトリ指定
    LOBデータのファイルが格納されているディレクトリを指定します。複数のディレクトリを指定する場合は、カンマで区切って並べます。 ひとつも指定しなかった場合は、カレントディレクトリを指定したことになります。
    その他のロードオプション指定
    LOBSINFILE以外に指定するロードオプションがあれば指定します。指定できるオプションはLOBデータを含まないロードの場合と同じです。
    MESSAGES メッセージ出力先ファイル
    LOADコマンドの出力メッセージを記録するファイルのパスを指定します。指定しない場合は標準出力にメッセージが出力されます。
    ロード方法指定
    データのロード方法を指定します。指定できるロード方法はLOBデータを含まないロードの場合と同じです。
    STATISTICS YES
    表および索引の統計情報を収集します。ロード方法がREPLACEの時のみ指定できます。
    回復オプション指定
    ロールフォワードリカバリーにおけるロード処理の取り扱いを指定します。指定できる取り扱い方法はLOBデータを含まないロードの場合と同じです。
    INDEXING MODE 索引再構築方法指定
    索引の再構築方法を指定します。指定できる構築方法方法はLOBデータを含まないロードの場合と同じです。
    ALLOW READ ACCESS
    ロード処理実行中の表に対する読み取りを許可します。ロード方法がREPLACEの場合は指定できません。

    使用例

    LOBデータのファイルが格納されているディレクトリ(ここでは/lobs1および/lobs2)を指定した上で、IXF形式のファイル(ここではphoto.ixf)を表(emp_photo)にロードする例。

    db2 ==> LOAD FROM photo.ixf OF IXF LOBS FROM /lobs1, /lobs2 MODIFIED BY LOBSINFILE INSERT INTO emp_photo↓
    

    注意

    • アーカイブロギングモードでロードを実行した場合、ロード完了後にデータベースがバックアップ保留状態になります。 回復オプションを指定するかバックアップを実行してください。
    • ロード先の表に制約がある場合は、ロード完了後はチェックペンディング状態になります。 制約を有効にしてください。

    参照

    個人用ツール
    名前空間

    変種
    操作
    案内
    ツール