ODBCデータソースを登録するには(Windows)

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#アプリケーション開発編】 【DB2逆引きリファレンス目次#Windows環境でのアプリケーション構築

目次

前提

  • Administrator権限を持ったアカウントでログインしている必要があります

解説

DB2のデータベースをODBCデータソースとして登録するには、CLPのCATALOG ODBC DATA SOURCEコマンドを用います。

CATALOG [SYSTEM] ODBC DATA SOURCE データソース名

なお、他のODBCデータソースと同じく、コントロールパネルから登録することも可能です。

SYSTEM
システムデータソースとしてデータベースを登録します。指定しない場合はユーザーデータソースとして登録することになります。
データソース名
ODBCデータソースとして登録するデータソース名を指定します。ここで指定したデータソース名(データベース名)が接続先のデータベースになります。

使用例

データベース(ここではsample)をODBCデータソース(ここではsample)として登録する例。

db2 ==> CATALOG ODBC DATA SOURCE sample↓

注意

  • CATALOGコマンドではデータソース名しかできないためデータベース名を個別に指定できませんが、コントロールパネルのODBCデータソースのダイアログでデータベース名を変更することが可能です。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール