SMPを有効に利用するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#チューニング編】 【DB2逆引きリファレンス目次#様々な最適化パラメータ

目次

前提

  • 以下のいずれかが必要: SYSADM権限

解説

複数のプロセッサを利用して、ひとつのSQLを効率的に処理することを区画内並列処理と呼びます。 この区画内穂並列処理の利用に関連するデータベースマネージャー構成パラメータには以下のものがあります。

INTRA_PARALLEL
区画内並列処理を有効にするかどうかを指定します。YESを指定することで区画内並列処理が有効になります。 有効にすると、複数のプロセッサを用いてSQLを処理するようになります(複数のプロセッサを利用して意味がある場合)。
MAX_QUERYDEGREE
区画内並列処理で用いるプロセッサの最大数を指定します。 ANYを指定すると、利用可能なすべてのプロセッサを指定したことと同じ意味になります。
また、区画ない並列処理の利用に関連するデータベース構成パラメータには以下のものがあります。
DFT_DEGREE
区画内並列処理で用いるプロセッサの最大数を指定します。 ANYを指定すると、利用可能なすべてのプロセッサを指定したことと同じ意味になります。

使用例

データベース(ここではsample)に対して区画内並列処理を有効にする例。

db2 ==> UPDATE DBM CFG USING INTRA_PARALLEL YES MAX_QUERY_DEGREE ANY↓
db2 ==> UPDATE DB CFG FOR sample USING DFT_DEGREE ANY↓

注意

  • 区画内並列処理が有効なのは複雑な照会を処理する場合です。 更新処理および簡単な照会処理が中心の場合、区画内並列処理を有効にする必要はありません。 実行するSQLのアクセスプランの確認も行ってみてください。

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール