V8.1→V8.2での新機能

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2 UDB V8.2

コードネームはDB2 Stinger (蜂)。このバージョン以降、コードネームが一般に公開されるようになる。

新機能概要

バージョン番号は0.1しか増えていないが、新機能が多数追加されている。

V8.1はFixPak 7以降を追加するとV8.2相当にアップデートされる。(つまりV8.1 FixPack 7=V8.2 , V8.1 FixPack9=V8.2 FixPack2)

  • HADR:リモートサイトにリアルタイムでデータベースのコピーを作る災害対策機能。トランザクション・ロスレスで転送を行う事が可能
  • Native PSM:ストアドプロシージャのインタプリタが内臓された(それまではCコンパイラによって、バイナリに変換して実行していた)
  • BACKUP,RUNSTATS,REORGの自動実行
  • Linuxカーネル2.6対応

参考資料

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール