Visual Studio .NET 2003から.NET Data Providerを利用するには

提供: DB2逆引きWiki
移動: 案内, 検索

DB2逆引きリファレンス目次】 【DB2逆引きリファレンス目次#アプリケーション開発編】 【DB2逆引きリファレンス目次#Windows環境でのアプリケーション構築

目次

前提

  • 特になし

解説

DB2が提供する.NET Data ProviderをVisual Studio .NET 2003で利用するには、プロジェクトにDB2の.NET Data Providerへの参照設定を追加します。

手順

  1. ソリューションエクスプローラで、プロジェクト(ここではSpReturn)の「参照設定」アイコンのコンテキストメニューから「参照の追加」を選択します(図3-1-1)。
    3-1-1.gif

    図3-1-1: ソリューションエクスプローラで参照を追加

  2. 「参照の追加」ダイアログで「参照」ボタンをクリックします(図3-1-2)。
    3-1-2.gif

    図3-1-2: コンポーネントの参照を選択

  3. 「コンポーネントの選択」ダイアログで、DB2の.NET Data Providerコンポーネントを指定します(図3-1-3)。
    3-1-3.gif

    図3-1-3: DB2の.NET Data Providerコンポーネントを指定

    DB2の.NET Data Providerコンポーネントは以下の場所にインストールされています。

    • .NET Framework 1.0用のコンポーネント: %DB2PATH%\bin\netf10
    • .NET Framework 1.1用のコンポーネント: %DB2PATH%\bin\netf11
  4. 「コンポーネントの選択」ダイアログで、IBM.Data.DB2.dll (DB2の.NET Data Providerコンポーネント)を指定します(図3-1-3)。
    3-1-4.gif

    図3-1-4: コンポーネントが選択されたことを確認

  5. 「OK」をクリックして「コンポーネントの選択」ダイアログを閉じます。 ソリューションエクスプローラで、プロジェクトの参照設定にDB2の.NET Data Providerが追加されたことを確認します(図3-1-5)。
    3-1-5.gif

    図3-1-5: プロジェクトの参照設定に追加されたことを確認

参照

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール